名前はまだない。

びぼうろく!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霊帝十常侍対策について

 8弾環境をにぎわせている霊帝十常侍について、組んでやってみたり、対戦して分からされた情報についてまとめてみます。

「霊帝十常侍」がどんなデッキか良く分からない、という人は薫平さんのブログの記事が参考になりますので、まずはこちらをご覧ください。 → 【三国志大戦TCG】十常侍霊帝董卓呂布タッチ西園八校尉α版デッキレシピ紹介



 霊帝十常侍のコンボは、以下の条件を満たすことで山札が無くなるまで毎ターン繰り返す事ができます(3番目の条件が無くても最初に3-074霊帝を置いたときに山札から3-074霊帝がめくれればそこからコンボを続けられます)。

  1. 8-100十常侍の暗躍が自陣に配備されている
  2. 手札に3-074霊帝が1枚
  3. それとは別に手札・国力(裏でも可)・捨札に3-074霊帝が1枚以上ある
  4. 相手の国力と自国力が同数

 コンボを決め続けると、以下のような事が出来ます。

  1. 毎ターン捨札または国力から好きなカードを1枚持ってこれる(もう1枚はコンボを続けるため3-074霊帝を回収します)
  2. 「山札を(5枚)捨てる」行為に連動した能力が発動する
  3. 「漢の何太后」または「漢の王美人」が山札からめくれた場合、3-074霊帝の能力が誘発する(「漢の何太后」→敵女性武将一人撤退、「漢の王美人」→3コスト以下の武将に1000特殊ダメージ)

 殆どのプレイヤーが1番目の効果を期待して積んでいるはずですが、誘発する2番目と3番目の効果が結構侮れません。「漢の何太后」がめくれて5-051孫尚香や7-033孫尚香が撤退させられるのは結構な損失です。

 なお、弱点が無いわけでもないです。例えば……。

1.1~3ターン目の展開力が遅い場合がある

 コンボを最速で決める場合、後手取って1ターン目に8-100十常侍の暗躍、2ターン目に3-074霊帝という配備になりますが、これは「2ターン目までに戦場に立っている武将がよくて1コス武力1000」であることを意味します。

2.3-074霊帝×2と8-100十常侍の暗躍が揃わない場合、コンボが発動しない

 3-074霊帝についてはこれをサーチするカード8-087趙融があるので何とかなりますが、8-100十常侍の暗躍が引けないのはどうしようもないです。ただ、それらのカードが引けないということは逆に切札となるカードが手元にあるという事なので、コンボが発動しない場合代わりに「ブン回っている」可能性はあります。

3.コンボを決めるパーツが最低8枚からなので、その分デッキが圧迫される

 普通のデッキよりも計略および3500武将の数が目に見えて減ります。コンボで回収できるとはいえ、山札の底にそういったカードが固まった場合、戦えなくなる可能性があります。


 これらを踏まえてどう対策したら良いのか、対策を1つずつ挙げてみます。まず、誰もがすぐに思いつきそうな対策「山札切れを待つ」という案、これはほぼ無効だと考えてください。なぜならば、
3-078逢紀 PR-057少帝弁

「3-078逢紀」「PR-057少帝弁」いうカードがあるからです。3-078逢紀は「漢の武将が2体以上」いる状態で出せば山札と捨札を入れ替えられますし、PR-057少帝弁は山札0の時に出せば敵陣に疲弊武将がいなくても「戻すことだけはできます」。このため、毎ターンPR-057少帝弁を置き続けると山札切れが置きません。
#城から1-058武神の気迫が出るととこの状態なら山札切れしますが……。

 よって、それ以外の対策を考える必要があります。霊帝十常侍デッキの場合、霊帝が強いのではなく、このコンボで引いてきた切札が強いので、「コンボをさせない」「切札への対策」を考える必要があります。

1.国力を考えて置く

 8-100十常侍の暗躍のテキスト後半にこのようにあります。

「終了フェイズ時、自国力が敵国力の枚数より少ない場合、その「霊帝」を表向きのまま疲弊状態で持ち主の城内へ移す。」

 つまり相手よりも国力が多い場合、霊帝が国力に戻りません。つまり、コンボを止められるのです。霊帝十常侍相手に10枚まで国力置くと、相手はやり放題になるので、国力の配備は慎重に。国力少なめで戦うことで、霊帝十常侍デッキ側にコンボに頼らない戦い方を強いる事ができます。

 どこかのターンでしれっと国力をスキップしてターン渡すと、相手が国力をおいて霊帝が戻せない、という状態を狙う事が可能です。

2.序盤から基礎武力の武将で攻城を狙う

 序盤から霊帝十常侍コンボをしてくる場合、紫1は確実に消費するので、そのターンの基礎武力武将が出せない事になります。毎ターン順調に基礎武力の武将を出して殴るだけで、キーカードを揃える前に勝利できる可能性はあります。

3.相手の切札(攻めの中心となるカード)を把握し、対策を手札に抱えつつ戦う

 コンボが始まると必ず山札が5枚めくれるので、そこから相手の主軸とするカードが把握できるはずです。そのエンドカードへの対策を考えながらプレイする事が重要になります。

 例えば、7-096呂布が軸のデッキであれば、あらかじめ7-093董卓や決起持ち武将を倒しておく・7-095馬超が軸であれば、あらかじめ馬姓の武将を倒しておく、といった対策が挙げられます(それも結構難しいですが)。あるいはそういった武将が何ターン目にどういう風に殴ってくるか見当をつけて、戦闘計略を裏に置かずに多めに握っておく、という対策も考えられるでしょう。

 この項については、戦況によって対策が色々と変わってきますので、他にも具体的な対策はあると考えられます。

4.相手のプレミを見逃さない

 これは他のデッキでもそうなので「当たり前だ!」という声が聞こえてきそうですが……。霊帝十常侍強いからって最近漢始めました、という君主の場合、特にスキが出やすいと感じています。というのは、漢は国力の配備から他の国より頭使ったりするのと、ただコンボ決めれば勝てるというわけでもないからです。

 また、漢に不慣れな場合、カードテキストを誤解したまま覚えている、という事もありますので、よく確認しておくとチャンスがあるかもしれません。(慣れてても国力同数で霊帝戻そうとするのはわりとあります)


 こんなところでしょうか。他にも「PR-034馬玩の無双連撃で霊帝を捨てる」というのが一応あるんですがピンポイント過ぎるので割愛。それ以外のハンデス手段は相手が捨てる手札を選べるので、霊帝を狙って捨てさせられないのが難しいところ。

 最後に一人回し用に馬姓+霊帝十常侍の簡単なサンプルレシピを載せておきます。序盤丁寧に低コスを出しながら城壁が削られる事を防ぎつつ、奇数に寄せることで、3-086麹義や7-082姜の効果を出しやすくして手札や盤面の優位を取り、霊帝十常侍で7-095馬超を2枚以上確保しに行くデッキです。多分もっと改良できるはずですが、一応。

 7-081何太后からの3-074霊帝を置くことによる疲弊はあまり重要視しないデッキです(7-095馬超が何とかしてくれるだろうと)。

(2014/3/1追記)
志愛さんのブログの暗躍馬姓デッキのレシピサンプルの方が参考になりそうなのでこちらもリンクしておきます。


サンプルデッキレシピ

1コスト			
3-074	R	霊帝	4
5-081	C	王烈	1
7-081	C	何太后	2
7-082	UC	姜	3
7-084	R	成公英	1
8-083	C	夏牟	1
PR-057	UC	少帝弁	1
			
2コスト			
3-078	C	逢紀	1
			
3コスト			
3-084	SR	王美人	1
3-086	UC	麹義	1
5-088	R	孔融	2
7-088	C	馬休	3
7-089	C	馬鉄	3
7-090	UC	馬岱	1
8-087	C	趙融	1

5コスト			
3-093	SR	文醜	1
4-092	SR	張郃	1
5-094	R	袁紹	1
6-095	PT	関羽	1
7-094	R	馬騰	3
7-095	PT	馬超	4
8-096	PT	太史慈	1

戦闘計略・列伝			
5-098	UC	報復の妙策	2
7-098	C	西涼の秘陣	4
8-098	SR	水鏡先生の極意	2
8-100	UC	十常侍の暗躍	4
スポンサーサイト

テーマ:TCG - ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fummy2ne.blog81.fc2.com/tb.php/91-096abd9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。